編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

EDINET

用語の解説

EDINETとは

(エディネット,証券取引法ニ基ヅク有価証券報告書等ノ開示書類ニ関スル電子開示システム,)
EDINETとは、有価証券報告書のような証券取引法に基づく開示書類を電子媒体によって開示するためのシステムのことである。
有価証券報告書などの開示必要書類は、これまでは書類や冊子の形態で提出・開示されていたが、財務局や財務支局へのデータの提出をインターネットで肩代わりすることが可能になった。 提出したデジタル情報は、そのままインターネットを通じて広く一般に公開することができる。 EDINETの導入によって、企業は財務局へ提出のために赴いたり書類を印刷・冊子化したりといった事務的負担が軽減され、また投資家のような情報受け取り手はインターネットを利用して開示情報を閲覧することが可能となる。 EDINETは2001年から運用が開始され、開示書類の電子提出の割合を増やしている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]