ELCPS

用語の解説

ELCPSとは

(イーエルシーピーエス,)
ELCPSとは、業界団体のELC(Embedded Linux Consortium)が策定した、組み込みOSとしてのLinux(組み込みLinux)の標準仕様である。
Linuxは自由に利用・再配布が可能なOSであるため、PCやサーバー向けのOSだけでなく、組み込みOSとしても広く採用されている。 しかしながら組み込み機器は多種多様であるという性質上、独自の機能追加が行われて搭載されるため、コードの共用・再利用が難しいという側面がある。 ELCPSは、組み込み市場で統一的なAPI仕様を策定することにより、製品間の互換性を持たせ、それによって組み込みLinuxの運用コストを削減し効率化を図っている。 ソフトウェアの開発にかかる時間や費用などのコスト削減が見込める。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]