編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

EPWING

用語の解説

EPWINGとは

(イーピーウィング)
EPWINGとは、電子出版の共通フォーマットのことである。
1991年にEPWINGコンソーシアムが発足し、電子出版物を書籍と同様に一般に広めるために、機種間の互換を実現することを目的にEPWING規約が制定された。 書籍に比べて電子出版物の優位点である検索が、簡単に即座にできることも主眼にしている。 そのためにEPWING規約では、情報検索に適したデータ構造や検索結果表示用の制御情報、画像・音声などのマルチメディア対応などについてデータ形式を規定している。 EPWING準拠の辞典をはじめとする電子出版物は60種類に達している。 なお、EPWING規約が元になり、JIS規格の日本語電子出版検索データ構造(JIS X4081)が制定された。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]