編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ERD

用語の解説

ERDとは

(イーアールディー,実体関連図,E-R図,ER図,ERダイアグラム,)
ERDとは、データの構造や関係を記述するための構造モデルであるE-Rモデルを記述するための表記方法のことである。
E-Rモデルでは、個々の事象を「エンティティ」(実体)と呼び、事象の特性や状態を「アトリビュート」(属性)、事象同士の関係を「リレーションシップ」(関連)と呼ぶ。 ERDではエンティティを四角形で表現し、エンティティの属性を楕円、エンティティ同士の関係性をひし形で表現する。 エンティティを直線で結び、その間にリレーションシップを記述することによって、それぞれの事象の状態や関係が一目で把握できるようになっている。 エンティティは一対一にも一対多にも対応することができる。 ERDは1970年代にピーター・チェン(Peter Chen)によって提唱された。 その後形式が発展し、「IE表記法」や「IDEF1X」などの表記法が考案されている。 ERDの構造はリレーショナルデータベース(RDB)の設計を表現するのに適しているため、構造設計などで頻繁に利用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]