編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ERP

用語の解説

ERPとは

(ERP)
Enterprise Resource Planning。
統合業務パッケージ。 経理や人事、生産管理や販売など、企業が備える個々の資源同士を密接に関連付けて管理することを指す。 ERPにより、全社最適な企業活動が可能になる。 ERPを実現するためのソフトをERPソフト(統合業務パッケージ・ソフト)と呼ぶ。 ERPソフトは業種業界ごとのベスト・プラクティスを実装しているため、1からアプリケーションを開発することなく、パラメータの設定やカスタマイズによって導入できる。 業務プロセスが整備されていない企業の場合は、ERPソフトに業務を合わせることで業務実績が向上する。 主なERPソフト・ベンダーには、独SAP、米Oracleなどがある。

  powered by. ZDNet Japan

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]