編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ETL

用語の解説

ETLとは

(イーティーエル,抽出、変換、挿入,)
ETLとは、基幹業務システムなどに蓄積されたデータを、データの関連性分析などを行うためのデータベースであるデータウェアハウスなどで利用する際の必要作業である、「抽出」と「変換」、「挿入」の3作業のことである。
ETLでは、ソースとなるデータに対して、不正なデータの修正(データクレンジング)と抽出、データ形式の変換などが行われる。 ETLのプロセスは、データウェアハウスの構築にとって必要な作業である。 ETLの語は、ETL作業を一括して行うためのソフトウェアを指すことも多い。 従来、ETL作業は専用のプログラミング工程などを必要とし、大きな労力負担となっていたが、ETLツールの登場によって自動化やGUI操作が可能となり、より容易にデータウェアハウスを構築することが可能となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]