編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Enhanced 911

用語の解説

Enhanced 911とは

(エンハンスドキューイチイチ,E911,)
Enhanced 911とは、米連邦情報通信委員会(FCC)によって開発された、携帯電話から緊急通報ダイヤル911(日本で言えば「110番」に相当するもの)への連絡を行い、同時に通話者の位置を特定するための技術のことである。
通常の緊急連絡の場合、通話者が電話をかけると、最初に通信が近くの安全なアンサーポイントに接続され、それから、通信が適切なところへと接続しなおされたり、通話者の位置を特定したりしていた。 また、従来携帯電話から緊急連絡を行う場合は、一旦携帯キャリアごとの回線へと接続され、それからそれを経由してアンサーポイントに接続されるという仕組みになっていた。 これに対して、Enhanced 911の場合、プロバイダーやキャリアによらず、通信は通常の電話回線と同じように直接近くのアンサーポイントへと接続されることになっている。 なお、米連邦情報通信委員会(FCC)は、2005年6月3日に「VoIP 911 Order」を発令し、11月28日までにE911機能をすべての加入者に提供できないVoIPプロバイダはサービスを停止するように通達していたが、二度の期限延長を経て、現在では条件付きでサービス提供を認めている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]