編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

Exif

用語の解説

Exifとは

(エグジフ,)
Exifとは、デジタルカメラで撮影した画像データに、撮影条件に関する情報(メタデータ)を追加して保存できる、画像ファイル形式の規格のことである。
Exifでは、撮影した画像データと併せて、撮影した日時やデジタルカメラの機種、絞り値、画素数、ISO感度、色空間、といった情報をまとめて記録することができる。 本体の画像データの他に、サムネイル画像のデータも記録しておくことができる。 これらの付加情報によって、データの管理や、機器同士の正しいデータ交換、最適な設定での出力などが実現されている。 Exifでは、画像データそのものは主にJPEG形式で扱われる。 Exifに対応していないアプリケーションでは、メタデータを扱うことはできないが、単なるJPEG形式の画像として読み込むことができる。 なお、圧縮形式を用いない場合はTIFF形式として扱われることもある。 色空間には、バージョンアップ後はRGBの他にsRGBやAdobeRGBなどの規格にも対応している。 Exifは1995年に、今の電子情報技術産業協会(JEITA)の前身である日本電子工業振興協会(JEIDA)によって規格化された。 デジタルカメラや周辺機器のメーカー各社がExifを共通規格として採用したことにより、一連のシステム間で高い互換性を得ることが可能となった。 今日では、世界中の多くのメーカーが、デジタルカメラの画像形式としてExifを採用している。 Exifに関連する規格として、デジタルカメラにおけるファイルシステムのDCF(Design rule for Camera File system)がある。 ExifとDCFを併用することで、互換性のさらなる向上を図ることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]