編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

FDMA

用語の解説

FDMAとは

(エフディーエムエー,周波数分割多元接続,)
FDMAとは、携帯電話などにおける無線の多元接続方式の一種で、周波数帯域を分割してそれぞれのユーザーに割り当てることで多元接続を実現する方式のことである。
FDMAでは、個々のユーザーがそれぞれの周波数帯域を占有して利用するので、データの同期をとる必要がないなど、技術的には比較的容易に実現できるというメリットがある。 他面、細分化されて使用される周波数帯域の間には相互干渉を防ぐための空き帯域(ガードバンド)を設ける必要があるなど、帯域の利用効率は悪く、またセルを移る際にはハンドオーバーに時間がかかるなどの困難がある。 FDMAは、アナログ方式の第1世代携帯電話(1G)や、自動車電話などに利用されていた。 なお、周波数を軸にして通信を分割するFDMAの他にも、時間(タイムスロット)によって通信を分割するTDMA(Time Division Multiple Access)や、符号化に用いる符号を異なるものにすることで通信を分割するCDMA(Code Division Multiple Access)などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]