編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

FLCD

用語の解説

FLCDとは

(強誘電性液晶ディスプレイ,エフエルシーディー,)
FLCDとは、液晶素材として強誘電性液晶と呼ばれる特殊な素材を採用したディスプレイのことである。
FLCDでは、外部電圧がゼロになっても自発的に分極する性質(メモリ特性)を持っており、常に画面を描画していなくても画面を維持できるという特徴を持っている。 表示を変えるためには変更箇所のみ描画し直せばよい。 この方式により、特に静止画の表現においては画面のちらつきを完全に抑えることができる。 コントラストや視野角もTFT液晶と同程度の品質を持つとされている。 FLCDは、1995年にキヤノンによって初めて商品化された。 その後、より廉価で高性能なTFT液晶が台頭したなどの理由によって、FLCDは普及しなかった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]