編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

FPD

用語の解説

FPDとは

(エフピーディー,フラットパネルディスプレイ,)
FPDとは、薄型で、平坦な画面を持ったディスプレイの総称である。
厚み10センチメートル未満のものをFPDに分類することが多い。 FPDには幾つかの種類があるが、液晶ディスプレイ(LCDディスプレイ)やプラズマディスプレイ(PDP)などが代表的なFPD種類であるといえる。 他にも発光ダイオード(LED)やエレクトロルミネセンス(EL)、有機ELディスプレイなどの方式がある。 FPDは、それまで一般的だったCRT(ブラウン管)ディスプレイに比べて、画面のゆがみが少なく、奥行きを必要としないというメリットを持っている。 そのため省スペースで大画面のディスプレイを設置することができる。 FPDの登場初期には、消費電力や輝度、発色、視野角、再現可能な色数、あるいは応答時間などといった技術的な課題があったが、それらの課題は有機ELディスプレイやプラズマディスプレイなどの方式がそれぞれの技術によって克服しつつある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]