編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Fast Ethernet

用語の解説

Fast Ethernetとは

(ファストイーサネット,100メガビット・イーサネット,)
Fast Ethernetとは、IEEE802.3で標準化されている、Ethernetの伝送速度を100Mbpsに向上させた規格のことである。
Fast Ethernetに含まれる規格として、伝送経路にツイストペア(TUP)ケーブルを使用する100BASE-T2や100BASE-T4、100BASE-TX 、トークンリングの改良で高速化した100BASE-VGと100BASE-VG AnyLAN、光ファイバを使用する100BASE-FXがある。 Fast Ethernetの伝送距離は伝送経路の材質によって異なり、TUPケーブルを使用した場合は100m、光ファイバを使用した場合は412mである。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]