G.Lite

用語の解説

G.Liteとは

(G.Lite)

 1999年6月に国際電気通信連合(ITU-TS)によって「G.992.2」として標準化された、簡易型ADSLの技術仕様。

 ADSLはすでに一般家庭に広く普及している電話線を使って高速なデジタル通信を行なう技術だが、従来の規格では音声信号との干渉を避けるために、加入者宅にスプリッタと呼ばれる機器を設置しなければならず、モデムの製造コストを押し上げる要因となっていた。

 G.Lite仕様では、通信速度を下り(電話局→加入者宅)1.5Mbps、上り(加入者宅→電話局)512kbpsに制限することにより、スプリッタを設置せずに通信が行なえるようになった。

 また、各国の通信事情に配慮して、国・地域ごとに付属仕様が策定されており、日本向けとしてはISDNとの干渉を抑える技術などが「Annex C」としてまとめられている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]