編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

G.dmt

用語の解説

G.dmtとは

(G.dmt)

 1999年6月に国際電気通信連合(ITU-TS)によって「G.992.1」として標準化された、ADSLの技術仕様。

「フルレートADSL」などと呼ばれることもある。

 これに対し、「G.992.2」として標準化された「G.Lite」は、通信速度が半分というわけではないが「ハーフレートADSL」と呼ばれている。

 G.dmtは、下り方向で最大8Mbps程度、上り方向で最大640kbps程度の通信速度を実現できる。 音声信号とADSL信号を分離するスプリッタが加入者宅と電話局の両方で必須となるため、配線工事が煩雑になるほか、コストもスプリッタ不要のG.Liteと比べ、高めとなる。

 G.dmtはG.Liteに対して上位互換性を持っており、G.dmtの設備でG.Liteを使用することができる。 G.Liteと同様に地域事情を考慮した付属仕様があわせて策定されており、北米向けのAnnex A、欧州向けのAnnex B、日本向けのAnnex Cがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]