GD-ROM

用語の解説

GD-ROMとは

(GD-ROM)

 セガ・エンタープライゼスの家庭用ゲーム機Dreamcastに採用された記録メディア。

CDと上位互換性があり、GD-ROMドライブで音楽CDなどを再生することはできるがCD-ROMドライブでGD-ROMを読み出すことはできない。 原理はCDとほぼ同じだが、CDより記憶密度を高め、1枚当たり約1GBの容量がある。 記録部を半径方向に2つの領域に分け、内周側が単密度ゾーン、外周側が倍密度ゾーンとなっている。 単密度ゾーンは普通のCD-ROMで再生可能な部分で、CD-ROMドライブで読みこもうとしたときの警告メッセージなどの記録に使える。 倍密度ゾーンはDreamcast専用の記録部分に使用される。 Dreamcastには12倍速のGD-ROMドライブが搭載されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]