GE-PON

用語の解説

GE-PONとは

(GE-PON)

 光ファイバーを用いた公衆回線網で1Gbpsの通信速度を実現する技術。

光ファイバーによるインターネット接続サービス(FTTH)の通信速度を大幅に向上させる技術として注目されている。

 従来LANで使われてきた技術であるGigabit Ethernetを応用し、電話局から家庭までEthernetのフレームをそのまま送受信する。 従来の光アクセス技術ではこの区間にATMを用いていたため、変換にかかるオーバーヘッドなどで速度が100Mbpsに制限されていた。 GE-PONの導入により、双方向1Gbpsのサービス提供が可能となる。 日本でもブロードバンド大手各社がGE-PONによる1Gbpsの光ファイバー接続サービスを発表している。

 アクセス回線にEthernetを用いるEFM(Ethernet in the First Mile)技術は、2004年6月に米国電気電子学会(IEEE)により「IEEE 802.3ah」規格として標準化された。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]