GIMPS

用語の解説

GIMPSとは

(GIMPS)

 1996年に開始された、巨大な素数を発見する分散コンピューティングプロジェクト。

「2のX乗-1」の形式で表されるメルセンヌ素数の巨大なものを発見するプロジェクトで、無料で手に入れることができるクライアントソフトを用いて全世界の数万人のボランティアが手分けして素数を探している。 現在知られているメルセンヌ素数は43個あり、このうち9つがGIMPSによる発見である。 もっとも大きなものは2005年12月15日に発見された43番目のメルセンヌ素数「2の30,402,457乗-1」。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]