GMPLS

用語の解説

GMPLSとは

(GMPLS)

 光ネットワーク上の信号をルーティングするための技術。

MPLSではパケットにラベルを付加してルーティング経路を指定していたが、GMPLSでは光信号の波長を元にルーティング経路を決定したり、制御専用のIPチャネルを用意して実データは光信号のままルーティングする、といった処理を行なう。 ルーティングの際に光信号を電気信号に変換してルーティングを行なうのはオーバーヘッドが大きいため、データを光信号にしたままルーティングが行えるGMPLSの策定が進められている。 なお、GMPLSの仕様はまだ確定していないが、メーカーでは既にGMPLSを実装した製品の開発が進んでいる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]