GP-IB

用語の解説

GP-IBとは

(GP-IB)

 コンピュータと周辺機器を接続するためのバス(データ伝走路)規格の一つ。

Hewlett Packard社が開発したHP-IBと呼ばれる仕様をIEEEが標準化したもの。 主に計測器を接続するのに使われる。 最大32台まで接続することができるが、転送速度は遅い。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]