Gecko

用語の解説

Geckoとは

(Gecko)

 Webブラウザの開発で有名なNetscape Communications社が中心となって立ち上げた「Mozilla.org」プロジェクトに開発された、Webページ描画プログラム(HTMLレンダリングエンジン)。

 同プロジェクトはオープンソースのWebブラウザ(Mozilla)を開発するプロジェクトで、Geckoはその成果の一つである。

 ブラウザの他の部分からは独立したモジュール構造となっており、様々なブラウザに組み込んで使用することができる。

 Mozillaをベースとして製作されている、同社のWebブラウザの最新バージョン「Netscape 6」「Netscape 7」にもGeckoは採用されている。

 多様なデバイスに搭載することを念頭において開発されており、Gecko自身もモジュール化された様々なコンポーネントから構成されている。

 UNIX系の各OSやWindows、Macintoshなど、様々なOSへの移植が進んでいる。

 CSS Level 1やXML 1.0など、多くの最新インターネット標準に対応している。

 動作速度などの面でもNetscape Communicator 4.xから大幅な改良が加えられている。

 公式に「Gecko」の名称で発表が行われたのは1999年1月のこと。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]