Gnutella

用語の解説

Gnutellaとは

(Gnutella)

 インターネットを通じて個人間でファイルの交換を行なうアプリケーションソフト。

 最初のバージョンは、AOL社に買収された旧NullSoft社のWinAMP開発チーム有志が、同社に黙って開発したもので、2000年3月にAOL社のWebサイトで公開されたが、同社によって24時間と経たないうちに公開停止となった。

 現在「Gnutella」として出回っているアプリケーションは、この24時間足らずの間に(オリジナルの)Gnutellaをダウンロードしたユーザの手によって再構成されたものである。

 Gnutellaユーザはインターネットを通じて相互に接続され、互いに自分の持っているファイルのうち、他のユーザと共有してもよいファイルのリストを公開する。 Gnutellaで検索を行なうと自分以外のユーザの持っているファイルの中から条件に合うものを探し出し、そのユーザのコンピュータから直接ダウンロードすることができる。

 ユーザ同士が直接ファイルの送受信を行なう点は「Napster」と共通しているが、GnutellaはNapsterと違って中央サーバを必要とせず、すべてのデータが各ユーザ間を直接流れる。 このため、Napsterと比べて監視や規制を行なうことが極めて難しいのが特徴である。

 また、NapsterがMP3形式の音声ファイルしか扱えないのに対し、Gnutellaはデータの種類に制限がなく、あらゆるデータを共有することができる。

 Napster同様、Gnutellaネットワーク上にも多くの違法データが流通しており、著作権管理団体などから問題視されている。 また、ユーザの意図しない無差別広告やコンピュータウイルスが流されるなど、様々な問題が指摘されている。

 しかし、耐障害性やデータ更新の早さなどの点で、特定の管理システムを要求しないデータ共有システムとしてのGnutellaは高い評価を得ており、一部の開発コミュニティではGnutellaの技術を応用したWWW検索システムの開発を進めている。

 Gnutella類似のソフトには「WinMX」「KaZaA」「Morpheus」などがある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]