Google AdWords

用語の解説

Google AdWordsとは

(グーグルアドワーズ,Google アドワーズ,アドワーズ,AdWords,)
Google AdWordsとは、Googleが提供している、検索連動型広告(リスティング広告)に出稿できる広告サービスの名称である。
Google AdWordsを利用すると、検索キーワードをオークション方式で購入し、広告を露出させることができる。 広告はテキスト広告が主体で、Googleの検索結果一覧と並んで表示される。 広告はクリックされるたびに報酬が発生する(PPC広告である)。 1クリックごとの単価を高く設定すればするほど、Googleの検索結果のより目立つ位置に広告が掲載される仕組みになっている。 Google AdWordsはユーザーの検索行為に連動して表示されるため、キーワードと広告内容がマッチしていれば、目的を持ってクリックされやすく、資料請求や商品購入などの目的の行動まで繋がりやすい(コンバージョン率が高い)という特徴がある。 また、Googleだけでなく、Googleが検索システムを提供しているポータルサイトなどのメディアや、Google AdSenseによってブログやWebサイトに設置された多数の広告枠にも表示されるため、幅広い露出の可能性がある。 なお、Googleから提供されているアクセス解析ツール「Google Analytics」はGoogle AdWordsと連動させることが可能で、広告のコンバージョン率などを容易に把握することができるようになっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]