Google Apps

用語の解説

Google Appsとは

(グーグルアップス)
Google Appsとは、Googleが提供しているアプリケーションのパッケージの名称である。
コミュニケーションやコラボレーションのために利用できる各種ツールがセットで提供されている。 Google Appsには、コミュニケーションツールとして「Gmail」「Google トーク」「Google カレンダー」を、同じくコラボレーションのためのアプリケーションとして「Google ドキュメント」「スタート ページ」「Google Page Creator」などが含まれている。 また、ドメインとユーザーアカウント情報を管理できるコントロール パネルや、拡張APIなども同梱されている。 なお、サービスの保守自体はGoogleによって行われる。 Google Appsにおける個々のアプリケーションは、それぞれ単体で無償提供されているが、Google Appsのパッケージでは、複数ユーザーの管理や既存システムとの統合などが可能となっているという利点がある。 Google Appsは家庭内から学校、企業など、様々な規模における利用に対応する。 なお、ISP(インターネットサービスプロバイダ)やポータルの運営元などのような大規模システム向けには、GAPE(Google Apps Partner Edition)と呼ばれる有料の特別エディションが用意されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]