Google Wave

用語の解説

Google Waveとは

(グーグルウェーブ)
Google Waveとは、Googleが開発している次世代のコミュニケーションツールの名称である。
2009年5月28日に開催された開発者向けのカンファレンス「Google I/O 2009」で発表された。 Google Waveは、ユーザー間でリアルタイムにコミュニケーションを図るためのシステムである。 「wave」と呼ばれるコミュニティ内で、あるユーザーがメッセージを作成・編集すると、入力された内容が他のメンバーのクライアントにリアルタイムに反映されるという特徴を持っている。 クライアントソフトウェアにはWebブラウザが用いられる。 また、Google Waveでは、テキスト情報だけでなく写真やビデオ、リンクなどを扱うことができる。 やりとりした履歴は記録されるので、ひとつの文書を共同で作成する目的で利用することもできる。 Google Waveは、電子メールやIM(インスタントメッセンジャー)、文書共有などの機能を統合する、さらにはSNSやCMSなども統合可能な、新しいコミュニケーションツールとしての将来像が描かれている。 Google Waveの開発者向けプレビュー版とAPIは、提供が開始されている。 一般向け製品の提供は、2009年後半に開始される予定となっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]