Googleウェブマスターツール

用語の解説

Googleウェブマスターツールとは

(グーグルウェブマスターツール,ウェブマスターツール,Google Webmaster Tools,)
Googleウェブマスターツールとは、Googleの検索エンジンのクローリング状況などをWebサイトの運営者が確認し、Google向けにWebページの最適化を図ることができるツールのことである。
Googleが提供している。 Googleウェブマスターツールでは、Webページに対するGoogleの評価やGoogleのクローラー(Googlebot)の訪れる頻度などを把握することで、WebページをよりGoogleの検索エンジンと相性のよい構成にし、結果として、Google向けのSEOを図ることができる。 具体的な機能としては、Googlebotが前回アクセスした日時を確認したり、クローリングの対象にならなかったWebページの問題箇所を確認したり、更新情報を能動的にGoogleへ送信してクローリングするように働きかけたり、特定のWebページを検索結果に表示させないように指示したりすることができる。 なお、Webページを表示させない指示は、主に、Webサイトのルートディレクトリに「robots.txt」のファイルを置くことで行われる。 Googleウェブマスターツールは、主に、Google向けのSEO用ツールとして利用されている。 なお、Yahoo!の検索エンジン技術(YST)に対して、Googleウェブマスターツールに相当する管理機能が利用できるツールとして、Yahoo!からYahoo! 検索サイトエクスプローラーが提供されているある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]