Google八分

用語の解説

Google八分とは

(グーグルハチブ,グーグル八分,)
Google八分とは、俗に、検索エンジン最大手のGoogleのデータベースから自分のWebサイトが登録抹消されることである。
世界中で最も多くのユーザーが利用しているGoogleから検索できないということが、あたかも江戸時代のムラ社会における「村八分」のようであるため、日本ではこのような呼び名が通用している。 Google八分は、GoogleがWebサイトの望ましいあり方として規定しているガイドラインに明らかに違反しているWebサイトがあった場合に適用される。 違反とは、過剰なSEO対策や公衆良俗に反している場合などであるといわれる。 (ただ、削除の明確な根拠は明らかにされない)。 最近では、SEO対策の競争の激化を背景として、スパム行為すれすれの過激なSEO手法を実施するケースが頻発するようになってきている。 そのような悪質なWebサイトにペナルティを課すという意味で、Google八分は有意義であるといえる。 Googleから検索できないということはWebサイトとしてはほとんど致命的な影響を受ける。 Google八分は、ガイドラインに抵触したWebサイトであれば、サイトの知名度や、商用か非商用かなどの要素には関係なく実行される。 ドイツの大手自動車メーカー「BMW」のWebサイトも、スパム的なSEO対策のためかGooglle八分の目に遭っている。 2006年03月には、日本のサイバーエージェントが運営する一部のWebサイトも登録を抹消された。 (ただしその後、Webサイトの構成を改善してからGoogleに復活している)。 個人が運営しているWebサイトなどもGoogle八分の対象となるケースがあるが、特に過剰なSEO対策や過激な性的内容を伴っているのでない場合には、単に検索ランキングが急落してしまっただけの場合が多いといわれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]