編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IPAex

用語の解説

IPAexとは

(アイピーエーイーエックス,IPAexフォント,IPAex Font,)
IPAexとは、情報処理推進機構(IPA)が2010年2月に公開した、オープンソースのフォントセットである。
IPAexは2007年に一般公開された「IPAフォント」の新版である。 従来のIPAフォントは、固定幅(等幅フォント)と変動幅(プロポーショナルフォント)の書体が別のフォントとして分離して扱われていたが、IPAexでは、日本語で文書を作成する際の慣例にならい、英語などの欧文フォントはプロポーショナルフォント、かな漢字などの日本語文字は等幅フォントとして、一つの書体に統合されている点が大きな特徴となっている。 これによって、本文中にアルファベットを綴る場合にも、その都度フォントを切り替える必要なく適切な表示で入力できる。 IPAexには明朝体の「IPAex明朝」、ゴシック体の「IPAexゴシック」が含まれている。 ちなみに旧版の「IPAフォント」には、明朝体とゴシック体のそれぞれに、等幅フォントとプロポーショナルフォント2パターンのセットがある。 IPAexはOSI(Open Source Initiative)の定義に準拠したオープンソースソフトウェアとして配布されており、OSやプラットフォームを問わず、誰でも無償で利用できる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]