編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

IdeaPad S10e

用語の解説

IdeaPad S10eとは

(アイデアパッドエステンイー)
IdeaPad S10eとは、Lenovoが発売したネットブック(低価格ミニノートPC)の名称である。
IdeaPad S10eのスペックは、CPUとしてクロック周波数が1.60GHzのIntel Atom N270、メインメモリに1GBのRAM、160GBのHDD、OSにWindows XP Home Edition SP3を搭載している。 ディスプレイは10.1型ワイドタイプの光沢液晶を搭載している。 重さ1.38kg、薄さ約2.57cmである。 IdeaPad S10eの特徴としては、電源投入後にWindowsを起動しなくても電子メールのチェックやWebの閲覧、チャットなどが行える「クイックスタート機能」を備えている点などがある。 また、拡張インターフェース「ExpressCard」のカードスロットが搭載されており、無線LAN機能などを手軽に外付けできる。 その他、SDHC対応のメモリーカード、IEEE 802.11、Bluetooth、130万画素のWebカメラ、マルチタッチに対応したタッチパッドなどを搭載している。 IdeaPad S10e カラーバリエーション IdeaPad S10eは、2008年12月に発売された。 Lenovoは、2008年8月に「IdeaPad S10」というネットブック端末の第一弾をリリースしている。 日本国内ではIdeaPad S10eが同社初のネットブックとなっている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]