編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Imagine Cup

用語の解説

Imagine Cupとは

(イマジンカップ)
Imagine Cupとは、全世界の学生を対象とする技術コンテストの名称である。
2003年に初めて催され、年一回開催されている。 Microsoftが主に後援している。 Imagine Cupは、学生であることを出場条件として、プログラミングを主とした技術力を競う大会である。 年齢制限などは国によって異なるが、日本では中学3年生以上の学生であることが条件となっている(大学院生も出場可能である)。 競う内容は、第1回大会ではプログラミング能力を競う「ソフトウェアアルゴリズム部門」に限られていたが、第2回大会以降は汎用的な「アルゴリズム部門」をはじめ「ショートフィルム部門」「レンダリング部門」の3部門が新設され、全4部門となった。 Imagine Cupの2003年第1回大会は、スペインのバルセロナで開催され、翌2004年はブラジルのサンパウロで開催された。 2005年は日本の横浜、2006年はインドのデリーで開催された。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]