編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Intel Atom

用語の解説

Intel Atomとは

(インテルアトム,インテル Atom プロセッサー,Intel Atom プロセッサー,Intel Atom processor,)
Intel Atomとは、Intelが2008年3月に発表した、モバイルインターネットデバイス(MID)向けのマイクロプロセッサのブランド名である。
開発コード名は「Silverthorne」あるいは「Diamondville」だった。 Intel Atomには、小型デバイスや低消費電力デバイス向けの新しいCPUアーキテクチャが採用されており、Hi-k金属ゲート技術を用いて45nm(ナノメートル)プロセスで製造されている。 ダイは面積が25平方ミリメートル程度で、4700万個のトランジスタが集積されている。 サイズが小さいだけでなく、Intel Atomは従来のどのIntel製品よりも低消費電力で動作するとされる。 Intel Atom発表時にノートパソコン向けCPUの主流となっているIntel Core 2 Duoの命令セットと、Intel Atomの命令セットとは、互換性がある。 加えてIntel Atomはマルチスレッドに対応するなど、パフォーマンスの維持も実現されている。 なお、Intel Atomを中心に、グラフィックス機能や無線機能などに関するチップセットを含んだ1つのパッケージとして「Intel Centrino Atom」ブランドが同時に発表されている。 Intel Atomは、ネットブックやネットトップの標準的なCPUとして利用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]