編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Intel Core i7

用語の解説

Intel Core i7とは

(インテルコアアイセブン,Intel Core i7 processor,Intel Core i7 プロセッサー,インテル Core i7,Core i7 プロセッサー,Core i7,)
Intel Core i7とは、Intelが2008年半ばに発表した新世代アーキテクチャのマイクロプロセッサの名称である。
Intel Core i7は、Intel Core 2の後継品にあたるx86アーキテクチャー製品である。 45nm(ナノメートル)プロセスで製造され、High-kゲート絶縁膜が採用されている。 開発コード名は「Nehalem」だった。 Intel Core i7は、クアッドコア(4コア)にネイティブで対応しており、ハイパースレッディングを使用しているため4コアで最大8スレッドまで同時に実行できる。 これによってマルチタスク処理の高速化が促進される。 新たに搭載された「Turbo Boost」では、処理の負荷状況に応じて動的にクロック周波数を上昇させ、電力や温度に余裕のあるCPUのパフォーマンスを上昇させることが可能となっている。 また、従来のFSBに替わって採用された「QuickPathインターコネクト」設計は、メモリー帯域幅を拡大し、レイテンシの軽減を実現している。 Intel Core i7の最上位エディションであるエクストリーム・エディションで毎秒25.6GBのデータ転送速度を達成するとされる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]