編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

Internet Explorer 5.0

用語の解説

Internet Explorer 5.0とは

(インターネットエクスプローラゴテンレイ,IE 5.0,MSIE 5.0,Microsoft Internet Explorer 5.0,)
Internet Explorer 5.0とは、MicrosoftのWebブラウザであるInternet Explorerのシリーズのうち、1999年3月に発表されたバージョンのことである。
Internet Explorer 5.0は、1999年の公開以来、2001年9月にInternet Explorer 6が公開されるまでの間、主にWindows 98で用いられた。 Windows98 Second Editionでは標準搭載されている。 5.0公開後も5.01、5.5とマイナーバージョンアップにより機能強化が進められた。 また、Macintosh版やUNIX版も公開された。 Internet Explorer 5.0は、前バージョンであるInternet Explorer 4.0に比べて、DHTMLへの対応が強化され、Webアプリケーションの操作にも用いられるようになった。 このバージョンの頃にはNetscape Communicatorを抜き、WebブラウザのシェアNo.1となり、デファクトスタンダード(事実上の標準)として扱われるようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]