編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

J2SE

用語の解説

J2SEとは

(J2SE)

 Sun Microsystems社のプログラミング言語「Java 2」の機能セットの一つで、基礎となる標準的な機能をまとめたもの。

 1999年に発表されたJava 2プラットフォームには、標準環境のJ2SEを中核として、企業サーバ向けの「J2EE」(Java 2 Enterprise Edition)、組み込み機器向けの「J2ME」(Java 2 Micro Edition)の3つの機能セットがある。

 J2SEはパソコンなどのネットワーククライアント環境、あるいはスタンドアローン用途向けと言うことができる。

 当初発表されたJava 2から若干の拡張が行なわれ、LDAPディレクトリにアクセス可能になる「JNDI」(Java Naming and Directory Interface)の搭載、セキュリティ機能の強化された。 また、仮想マシンとしてHotSpotが採用されている。

 当初はWindows版のみが発表されたが、2000年にはLinux版とSolaris版も公開されている。

 バイナリ版は無償公開されているが、Sun独自のライセンス方式「CSL」(Community Source License)に従えば、ソースコードを手に入れることもできる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]