編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JAXB

用語の解説

JAXBとは

(JAXB)

 Sun Microsystems社が2001年12月に発表したJava XML Packに含まれるパッケージの一つで、XML文書とそれを扱うJavaプログラムを結びつけるための機能や仕様をまとめたもの。

 XML文書にはその構造を定めた「スキーマ」という情報がついていることが多いが、JAXBはスキーマ定義を読み込んで、それを扱うJavaクラスファイルを自動生成することができる。 生成したJavaクラスを編集して、再びXML文書に書き戻すこともできる。 このように、XML文書とJavaオブジェクトの双方向のマッピング手段を提供するのがJAXBの役割である。 現在のところ、JAXBが対応しているスキーマ言語はDTDだけである。

 Java XML PackにはJAXBのほかに、SOAPによるメッセージングを実装したJAXM、XML文書を編集する機能をまとめたJAXP、Webサービスレジストリへのアクセス手段を提供するJAXRなどが含まれる。

 Java XML Packは2002年6月、「JavaWSDP」(Java Web Services Developer Pack)という名称に変更されてリリースされた。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]