編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JAXM

用語の解説

JAXMとは

(JAXM)

 Sun Microsystems社が2001年12月に発表したJava XML Packに含まれるパッケージの一つで、SOAPによるメッセージング機能をまとめたもの。

 SOAPはWebサービス間、および、Webサービスを利用するための通信に使われるプロトコルである。 JAXMは、Javaプログラムで作成したWebサービスに、SOAPによるメッセージの送受信を行なう手段を提供する。

 実際の送受信のプロトコルには、HTTP、FTP、SMTPなどを使うことができる。 また、ebXMLなどの上位のメッセージングプロトコルと連携するように拡張することができる。

 Java XML PackにはJAXMのほかに、XML文書を編集する機能をまとめたJAXP、XML文書とJavaオブジェクトのバインディングを提供するJAXB、Webサービスレジストリへのアクセス手段を提供するJAXRなどが含まれる。

 Java XML Packは2002年6月、JavaのXML・Webサービス関連の機能をまとめた「JavaWSDP」(Java Web Services Developer Pack)の一部としてリリースされた。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]