編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JBlend

用語の解説

JBlendとは

(JBlend)

 アプリックスのリアルタイムOS向けJava仮想マシン。

主に組み込み機器上での利用を想定した製品である。

 パソコン上で動作するJava仮想マシンと異なり、GUIなど、シェルに相当する部分などもJavaで操作することができる。

 このため、Javaバイトコードで書かれたプログラムにもリアルタイム処理を任せる場合が発生するが、JBlendでは、Javaプログラムのリアルタイム性を保つために、JavaスレッドをOSのタスクと1対1対応で割り当てている。

 これによって、JavaのスレッドもOSネイティブコードで書かれたプログラムとほぼ同等のレスポンスを確保することができる。

 JBlendはJavaを組み込み機器自体のインターフェースなどに使用できるようにしているが、単なるJava仮想マシンとして使用することももちろん可能である。

 この方面では、ezplusなど、携帯電話上のJavaアプリケーション動作環境としての利用がよく知られている。

 ちなみに、JBlendは元々ITRONとJavaの連携を図ったJTRON仕様のOSとして登場したが、現在はITRON以外のOS上でも動作するソフトウェアとなっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]