編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JITコンパイラ

用語の解説

JITコンパイラとは

(ジットコンパイラ,Just-in-time Compiler,)
JITコンパイラとは、プログラムの実行時に、あらかじめ用意された(実行環境に依存しない汎用的な)中間コードを、プログラムの実行時点でプロセッサが実行可能な機械語(ネイティブコード)にコンパイルすることである。
JITコンパイラはJava、Microsoft .NETなどで採用されている技術である。 Javeの登場当初は、BASICのようなインタプリタ方式で実行されていたが、現在ではJITコンパイラの方が主流となっている。 実行を要求されてから実行開始までの時間はかかるが、コンパイル後の実行速度は高速化されるというメリットがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]