編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JNI

用語の解説

JNIとは

(ジェーエヌアイ,Javaネイティブインターフェース,)
JNIとは、Javaで記述されたプログラムにおいて、他のプログラミング言語で記述されたプログラムのネイティブコード(オブジェクトコード)を利用可能とする仕組みのことである。
JNIを利用することで、C言語、C++、アセンブリ言語といった他のプログラミング言語で記述され、各プラットフォームで実行可能な形式へと変換されたコードを、Java仮想マシン(JVM)上に呼び出して利用できるようになる。 呼び出されるコードは各プラットフォームに依存した形式に変換されているため、同じプログラムが他のプラットフォーム上では実行できない可能性がある(マルチプラットフォームではなくなる)が、他のプログラミング言語で書かれた機能を資産として活用できるという利点がある。 JNIの主な用途としては、利用したい機能がプラットフォームに依存しており、Javaでサポートされていない場合、速度を要求される処理をアセンブラ言語で記述することで解決しようとする場合、既に他のプログラミング言語で開発された機能を、資産として有効活用したい場合、などが想定される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]