編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Java Plug-in

用語の解説

Java Plug-inとは

(JavaPlug-in)

 Sun Microsystems社のプログラミング言語Javaの実行環境(Java仮想マシン)をWebブラウザのプラグイン形式にしたもの。

プラグインの形にすることで、常に最新バージョンのJava仮想マシンを利用できる。 以前は「Java Activator」と呼ばれていた。

 Javaは多くのブラウザに採用されたが、実行環境のJava仮想マシンのバージョンはブラウザのバージョンによってまちまちで、最新技術を使ったJavaアプレットを作っても、多くの人はそれを再生できないという状況が発生していた。

 そこで、インターネットから動的にコードを呼び出すことができるプラグインの機構を利用し、実行環境をプラグインで提供することにより、適切なバージョンのJava仮想マシンを呼び出せるようにしたものが、Java Plug-inである。 プラグイン形式になっているため、ユーザ側で準備する必要はなく、いつでも最新のJava環境が利用できる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]