編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Java XML Pack

用語の解説

Java XML Packとは

(JavaXMLPack)

 Sun Microsystems社が2001年12月に発表した、Java言語(環境)をXMLやWebサービス対応させるAPIをまとめたパッケージ。

 Java開発者に対し、プログラムのXML対応やWebサービスの構築に必要な技術の提供を目的としている。 「Java API for XML Processing」(JAXP)、「Java API for XML Messaging」(JAXM)、「Java API for XML Data Binding」(JAXB)など、いくつかのXML関連パッケージを統合したものである。

 今後、Java XML Pack には文書処理、データ処理などといった他のXML技術も収録される予定である。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]