編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Javaコンソール

用語の解説

Javaコンソールとは

(ジャバコンソール,SunノJavaコンソール,)
Javaコンソールとは、Javaで動作するシステムのデバッグを行うための簡易的なツールのことである。
メモリーの使用率を表示したり、プロキシの設定をロードし直す、といった機能を実行することが可能となる。 Internet Explorerなどに装備されており、Java Plug-inで動作するアプレットや、Java Web Startで動作するアプリケーションに対して用いることができる。 Javaコンソールを用いるには、Internet Explorerでは[ツール]メニューから[SunのJavaコンソール]を選択すればよい。 すると新たにウィンドウが開く。 ちなみに、このウィンドウはコンソールウィンドウと呼ばれる。 ウィンドウにはいくつかの英数字と機能が対照表のような形で表示されており、それぞれの機能に対照する英数字を入力すると、機能が実行されてコンソールウィンドウ内に経過が表示される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]