編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Java仮想マシン

用語の解説

Java仮想マシンとは

(Javaカソウマシン)

 Javaバイトコードをそのプラットフォームのネイティブコードに変換して実行するソフトウェア。

Java言語で開発されたソフトウェアは、配布時にはプラットフォームから独立した独自の形式(Javaバイトコード)になっており、そのままでは実行することができない。 このため、そのプラットフォーム固有の形式(ネイティブコード)に変換するソフトウェアを用意して、変換しながら実行する。 この変換と実行を行なうのがJVMである。 実行前にまとめて変換することで実行時のオーバーヘッドをなくし、実行速度を向上させたものをJITコンパイラという。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]