KB

用語の解説

KBとは

(キロバイト)
KBとは、情報量を表す単位のひとつで、ファイルの大きさやCPUの記録容量を表すときなどに使われる単位である。
1KBは、2の10乗である1024バイトを意味する場合と、10の3乗である1000バイトを意味する場合とがある。 コンピューターの演算は0と1の信号のみで処理が行われる2進法の言語を用いるので、情報処理の分野では前者1024バイトを意味する場合が多い。 特にそれを示すために、1024バイトである1キロバイトの単位を「KB」と大文字で表記したり、あるいは「ケーバイト」と発音したりすることがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]