L2スイッチ

用語の解説

L2スイッチとは

(エルツースイッチ,レイヤー2スイッチ,layer 2 switch,)
L2スイッチとは、ネットワークを中継する機器のひとつで、パケットに宛先情報として含まれるMAC(Media Access Control)アドレスで中継先を判断し、中継動作を行うスイッチのことである。
宛先MACアドレスでパケットの届け先を判断するという動作はLAN(Ethenet)の動作原理にならったものであり、LANはOSI参照モデルにおけるレイヤー2(データリンク層)に属するので、L(layer)2スイッチと呼ばれる。 なお、L2スイッチの語は、おおむねTCP/IPなどのIPプロトコルなどが属するL3スイッチに対応する用語として用いられる。 TCPやIP、HTTPなどのプロトコルは、レイヤー3(ネットワーク層)以上に位置しているため、L2スイッチがこうしたプロトコルの違いに左右されることはない。 また、スイッチングハブは、動作原理から見ればL2スイッチと同じであり、これは小型で安価なL2スイッチとみなされるべきであるかもしれないが、しかしL2スイッチの語はおおむねスイッチングハブを除き、比較的大型の機種を指して用いられる場合が多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]