編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

L2TP

用語の解説

L2TPとは

(L2TP)

 インターネットなどの公衆回線網上に仮想的にトンネルを生成し、そこを通じてPPP接続を確立することにより、VPNを構築するためのプロトコル。

OSI基本参照モデルの第2層(データリンク層)のプロトコルで、IPネットワークだけでなくフレームリレー、ATMなど様々な経路を通じて利用することができる。

 VPNで遠隔地に接続する際にはダイヤルアップ接続などに用いられるPPPを使用するのが一般的である。 このとき、自ネットワークから相手ネットワークまでの公衆網上に仮想的に通信路(トンネル)を確立する必要があり、このとき使われるプロトコルがL2TPである。 トンネルは暗号化を施して保護する必要があるが、L2TP自体にはセキュリティ保護機能はついていないため、IPsecなどと組み合わせることによってセキュリティを確保する。

 Microsoft社などが推進していたPPTP、Cisco Systems社のL2Fを統合し、IETFが標準化したのがL2TPで、RFC 2661で定義されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]