編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

L7スイッチ

用語の解説

L7スイッチとは

(エルセブンスイッチ,レイヤー7スイッチ,アプリケーションスイッチ,layer 7 switch,)
L7スイッチとは、ネットワークを中継する機器のひとつで、OSI参照モデルのレイヤー7(アプリケーション層)に相当するアプリケーションレベルのプロトコル(利用規約)情報を調べてパケットの転送処理を行うスイッチのことである。
ルーティング処理は、その大半がレイヤー2(データリンク層)のMACアドレスや、あるいはレイヤー3(ネットワーク層)のIPアドレスを用いて行われ、いずれもデータの内容には関与しない。 しかしL7スイッチにおいては、HTTPやFTPなどのアプリケーションそのものを認識し、パケットの具体的な通信内容を元に行き先を制御することができる。 それゆえ、例えば転送順位を設定するといったことも可能となる。 L7スイッチの中には、アプリケーションのプロトコル認識能力を利用して「誰がどのアプリケーションをどの程度利用したのか」といった情報を収集する課金管理システムなどの機能が搭載されている製品も珍しくない。 あるいは、ファイヤーウォールや侵入者検知システム(IDS)のロードバランシングを行なうもの、攻撃対象となったサーバーの「デコイ」(おとり)として侵入の記録を記すデコイサーバーの機能を持った製品などもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]