編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

LANケーブル

用語の解説

LANケーブルとは

(ランケーブル,ヨリ対線,ツイストペアケーブル,LAN cable,)
LANケーブルとは、イーサネットで使用する配線用のケーブルのことである。
パソコンとブロードバンド回線の普及によって、家庭でも複数台のパソコンをLAN接続することが多くなった。 LAN接続ではイーサネットが使用され、そのイーサネットではより対線(ツイストペアケーブル)による接続がもっとも普及している。 より対線の両端にモジュラー式コネクタ(RJ-45)を付けたものが、一般的にLANケーブルと呼ばれている。 LANケーブルにシールド加工されているものをシールド付きより対線(STP)、シールド加工されていないものを非シールドより対線(UTP)という。 通常は、非シールドより対線が使われる。 また、イーサネットの通信規格によって、いくつかのカテゴリに分けられている。 カテゴリ5では100BASE-TX、カテゴリ5e(エンハンスト・カテゴリ5e)では1000BASE-Tの通信規格に対応している。 パソコンやネットワーク機器などでGigabit LANに接続するには、カテゴリ5e対応のLANケーブルが必要である。 なお、パソコンとパソコンを直接接続するためのクロスケーブルという種類もあるが、一般的な接続にはストレートケーブルを使用する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]