編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

LAN

用語の解説

LANとは

(ラン,構内通信網,ローカルエリアネットワーク,)
LANとは、ある同じ建物やフロアなど、比較的狭い、限定された領域内において、特定のユーザのために、その領域の管理者の責任で設置された通信ネットワーク設備のことである。
LANの構築方法には有線を用いる方式と無線を用いる方式がある。 通信ケーブルを用いず、無線通信によってLANを構築する方式は、特に無線LANと呼ばれている。 銅線のツイストペアケーブルを用いるイーサネットでは、速度別の規格として、10Mbpsの10Base-T、100Mbpsの100Base-T、1GBpsの1000Base-Tなどが使われている。 ツイストペアケーブルの他に、同軸ケーブルや光ファイバなども一般的に用いられる。 LANの国際的な規格はIEEE 802委員会において決められている。 例としてはIEEE 802.3でCSMA/CD方式が、IEEE 802.4ではトークン・バス方式が、IEER 802.5ではトークン・リング方式が、IEEE 802.9では100VG-AnyLANが、IEEE 802.11では無線LANの規格が定義さている。 また、イーサネットで用いられるケーブルに対する規格としては、データ転送時の周波数に基づく「カテゴリ」と呼ばれる分類が用いられている。 カテゴリは「1」から「6」まで決められており、カテゴリ5ケーブルでは100Mbpsまで、カテゴリ6ケーブルでは1.2Gbpsまでの速度で通信を行うことが可能である。 LANのネットワーク接続形態(ネットワークトポロジー)は、おおむね、スター型、バス型、リング型に大別される。 通常用いられるイーサネットや無線LANは、物理的にはスター型のように見えるが、論理的にはバス型で接続されている。 バス型のトポロジーの場合、接続されるマシンが多くなると、データの衝突(コリジョン)が発生し、スループットが低下する。 LAN用の通信プロトコルとして最も用いられているのはTCP/IPであり、広域のネットワークであるインターネットと同じである。 Windowsが主体となっている環境では、NetBEUI(NetBIOS Extended User Interface)あるいはNBT(NetBIOS over TCP/IP)が用いられる。 なお、LANに対して、電話回線やインターネットを使ってLAN同士を接続するネットワークの構築形態が、WAN(Wide Area Network)と呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]