LBA

用語の解説

LBAとは

(LBA)

 ハードディスク内のすべてのセクタに通し番号を振り、その通し番号によってセクタを指定する方式。

LBA自体にビット数の規定はないため、理論上は無限に拡張することが可能。 実際には、IDE方式では一時期上限となっていた28ビットを超えて(「Big Drive」)現在は48ビットまで、SCSI方式では32ビットまでの対応が現時点で可能になっている。 IDE方式のHDDにLBAを利用してディスクアクセスを行なうにはBIOSに専用のオプション付きコールを渡す必要がある。 LBA方式では最低ビット数も規定されていないため、ハードディスクコントローラのBIOSごとに対応しているサイズに差があり、中には26ビット(32GB相当)程度しか対応していないBIOSもある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]