LGPL

用語の解説

LGPLとは

(LGPL)

 オープンソースソフトウェアのライセンス体系の一つで、GNUプロジェクトが推進するGPLの派生形。

当初は「Library GPL」の略だったが、現在では「Lesser GPL」の略とされる。

 GPLとLGPLでは、他のソフトウェアにリンクされて初めて機能するライブラリソフトウェアの扱いが異なる。 GPLでは、そのライブラリを使用するすべてのソフトウェアに対してGPLに対する準拠を要求しているが、LGPLでは動的な(実行時)リンクに限り、GPL/LGPLに従わないソフトウェアでの利用も許容している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]